<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガンバレ日本。ガンバレパラグアイ。

浜松市の駅前にブラジルレストラン『セルヴィツー』があります。

昨日の夜は、そこでワールドカップの試合
「日本VSパラグアイ」を観ました。

日本に住むブラジル人のみなさんと
日本人とパラグアイ人とが
ひとつの空間で一生懸命に応援しましたよ。

昔からのお友達ホザンジェラさんと一緒に応援しました。
ホザンジェラさんの旦那さんは元エスパルスのシジマールさんです。

d0171192_905367.jpg


さあ、ここからは、お店の様子を動画で紹介しますね!

さすが浜松!サンバチームも参加しての応援です。



一方、こちらはパラグアイ応援団。日本応援団とやりあいます!



ハーフタイムには抽選会もありました。
ぼくは、Tシャツをもらっちゃいました。

胸には「ありがとう日本」の文字が書いてあります。

d0171192_8324917.jpg


日本代表は本当にがんばりました。
「ありがとう日本代表」ですね。

Tシャツの背中には
「ありがとうブラジル」の文字とフォスドイグアスの写真がありました。

残念ながら、日本代表は試合に負けてしまいましたが
とても楽しい時間を国籍を越えて共有できました。

いろいろな国の人たちがひとつになることができるって
なんて素晴らしいことでしょう。

これぞ『国際都市・浜松』のよさですね!
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-30 08:34 | ブラジルから最新情報

6月のまつり。フェスタジュニーナ。

としみんです。
いよいよ、今週の木曜日からブラジル生活がスタートします。

さて、今日は浜松市内の『市総合産業展示館』でおこなわれた
ブラジルのおまつり「フェスタジュニーナ」に行ってきましたよ。

フェスタジュニーナは、6月のおまつりです。
元々は「収穫」や「豊作」を祝ったことからはじまりました。
ブラジルは日本と季節が逆だから
6月が秋になるんですね!だからこの時期に収穫祭をおこなうのです。

ブラジルの各地でおこなわれる素朴な田舎のお祭りですが
浜松のフェスタジュニーナはとても元気があります!すごい人でした!

ブラジルの飲み物や食べものの屋台が並び
中央のステージではスピーチや踊りなどがおこなわれていました。
踊りは「クアドリーリャ」と呼ばれるもので
大人も子どもも楽しめるフォークダンスのようなものです。
ちびっこたちが田舎娘と農夫の格好で踊っていました。みんな上手!

中学生・高校生の踊りも本格的で
会場から大きな声援と拍手が贈られていました。

d0171192_1695282.jpg


会場では洋服や本なども売られていました。
カポイエラ(ブラジルの格闘技+ダンス)の発表や
魚釣りゲームなどなど面白い催しものもいっぱいでした。

浜松では、いろいろなところでブラジルやペルーなど外国のお祭りがあります。
外国のお祭りを日本で暮らしながら身近で楽しめる。
これは全国でも珍しいことなんです。

ちょっとアンテナを張って、
たまにはこんなお祭りを覗いてみるのもいいですね!
なにか、新しい発見があるかもしれません。

動画でレポートも撮ってきました。楽しんでください!


レポートスタート!



ブラジル国歌斉唱!



子どもたちが農夫の格好でダンスをしました。



中学生・高校生も素敵なダンスで会場を盛り上げます。



会場大盛り上がり!


[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-27 15:55 | 日系社会のおはなし

たまごのまち。

としみんです。

ぼくの故郷、浜松はブラジル人が多いことで知られています。
市内にはいくつかのブラジル人学校があるんですよ。
ぼくもある学校でお手伝いをしていました。
放課後、ぼくのためにポルトガル語の発音チェックを
してくれたやさしい男子高校生がユウジくんです。

ある大雨の日、ユウジくんを家まで送り届けたことがありました。
突然お邪魔したにもかかわらず、夕食をご馳走してもらいました。
今日は、その時にユウジくんのおじいさんに聞いたおはなしをします。

ユウジくんのひいおじいさんは、
90年ほど前に家族5人で北海道の網走からブラジルに渡りました。
コーヒー園で働いた後、バストス市に土地を買って
野菜を育てたり、養蚕業もスタートさせます。
(養蚕業とはカイコを飼って、生糸(絹)を作る仕事ですね。)
その後、養鶏業(にわとりを育てる仕事)も営むようになったそうです。
当時、バストスで養鶏業を始める日本人がちらほらと現れてきました。

サンパウロの中心部から
バスで7時間かけて行ったところにバストス市があります。
優秀なそろばんの達人を生み出したり、
きれいなゴルフ場があることでも有名なバストスは
別名『キャピタル ド オウヴォ』と呼ばれています。
日本語にすると『たまごのまち』。

ユウジくんのひいおじいちゃんやその仲間がはじめた「卵」のお仕事で
今や、バストスはブラジルで一番有名な卵の産地になったのです。
今年も7月16日から三日間、人口40000人のバストスの街は
『フェスタ ド オウヴォ』(たまごまつり)で盛り上がります。

なんだかスゴイおはなしでしょ。

そんな話をしながら美味しい料理に舌鼓を打ちました。
「日曜日にまたいらっしゃいよ。」と昭和21年生まれのおじいちゃんが言ってくれました。

ユウジくんのひいおじいちゃんもひいおばあちゃんも
おじいちゃんもおばあちゃんも、みんな純粋な日本人の血が流れているのに
ブラジルでは「日本人」と呼ばれて、日本では「外国人」と呼ばれています。

ひいおじいちゃんがブラジルに渡って86年。
おじいちゃんが日本に来て11年。
ずっと元気でいてほしいですね。
そして、浜松のひとたちと仲良く暮らしていってほしいです。

ブラジルに卵のお仕事を広めた日本人がいたなんてビックリ!
しかも、こんなに近くにご家族がいたなんてねえ。驚きです!

d0171192_186274.jpg
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-19 18:07 | 日系社会のおはなし

としみんです。

鶴田俊美(toshimin・としみんと呼んで下さい)

2月2日浜松市生まれ。

JICA日系社会シニアボランティアとして、
2010年7月からブラジル国マナウス市で2年間活動します。
がんばりモス!

2010年3月までは、
浜松のコミュニティFM局FMハローで
パーソナリティをしたり、学習塾で教えていました。

いろいろな音楽活動をやっていましたが現在は活動休止中。
ブラジルでも音楽仲間を増やしていきたいです。

■REVERB(オリジナルのハードロックバンド)
■SWAMP WATER(アコースティックロックユニット)
■伝説の導火線の掟(VAN HALENのカバーバンド)
  改めGOODLANDS(BADLANDSのカバーバンド)

小学生の時からハードロックが大好きです。
ソフトロックからヘヴィメタル、パンク、プログレまで、
ロックと名がつけば大体聴いてます。
CD所有枚数は6,000枚オーバー。
LPは3000枚、EPは1000枚所有。
小屋はCDでいっぱいです。

趣味は、絵を描いたり(ザザシティ浜松前の今は無きオージーバー
「DOWNUNDER」のトイレ前の壁画を描きました)たま~に陶芸やったり、
旅行に行ったりすること。
B級なのから高級なものまで美味しいもの大好きなのです。
アマゾンからもグルメ情報を伝えていくかも?!

コメントやメッセージもお気軽にどうぞ!
よろしくね!d0171192_17311474.jpg
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-19 17:31 | プロフィール

実験。

動画を載せてみます。
現地でインタビューも撮りたいです。


[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-09 18:41 | ブラジルから最新情報

アマゾナス州マナウス市ってどんなところ?

■アマゾナス州マナウス市ってこんなところ

ブラジル北部アマゾナス州は、日本の4.5倍(!)もの面積。
ブラジル最大の州なのです。
それにしても、ひとつの州だけでこんなに大きいんですねえ!
ちなみにブラジル全体だと日本の23倍の広さがあるんですよ。びっくりでしょ。

d0171192_421421.jpg


さて、州都であるアマゾナス州マナウス市は
アマゾン川観光の基地となる場所で、
南緯3度6分7秒、西経60度1分30秒に位置しています。
南緯3度だから、ほぼ赤道直下ですね。暑い暑いところです。

6月から11月までは乾季、そして12月から5月までは雨季、
年間平均雨量(1年間に降る雨量の平均値)は2,500ミリを越える高温多湿の熱帯雨林気候です。

2,500ミリ!これがどのくらいすごいか日本とくらべてみましょう。
世界の年間平均雨量が約970ミリ。
日本は、他の国とくらべて雨の多い国ですが、
それでも年間平均雨量は約1,718ミリなのです。

暑いし、雨も多いマナウスですが
人口169万人の大都市です。
市の愛称は"A Paris dos Trópicos"
『熱帯のパリ』っていう意味なんですって。
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-09 04:22 | アマゾンのおはなし

カウントダウン24日

d0171192_11552896.jpg
今日は6月7日。
あと24日でブラジルに向けて出発です。
JICAの日系社会シニアボランティアのお仕事で
ブラジルのアマゾナス州マナウス市に2年間滞在します。

マナウスっていっても知らないひとが多いと思いますが
アマゾン川の近くといえばわかりやすいかな。
ちょっと行けばどこまでも続く広いジャングル。
でも、人口150万の大都市なんです。

こんなところ↓



赤道近くの熱帯で
いろいろな人たちと出会い
いろいろな経験をしてきます。
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-07 12:06 | ブラジルから最新情報