アマゾナス州マナウス市ってどんなところ?

■アマゾナス州マナウス市ってこんなところ

ブラジル北部アマゾナス州は、日本の4.5倍(!)もの面積。
ブラジル最大の州なのです。
それにしても、ひとつの州だけでこんなに大きいんですねえ!
ちなみにブラジル全体だと日本の23倍の広さがあるんですよ。びっくりでしょ。

d0171192_421421.jpg


さて、州都であるアマゾナス州マナウス市は
アマゾン川観光の基地となる場所で、
南緯3度6分7秒、西経60度1分30秒に位置しています。
南緯3度だから、ほぼ赤道直下ですね。暑い暑いところです。

6月から11月までは乾季、そして12月から5月までは雨季、
年間平均雨量(1年間に降る雨量の平均値)は2,500ミリを越える高温多湿の熱帯雨林気候です。

2,500ミリ!これがどのくらいすごいか日本とくらべてみましょう。
世界の年間平均雨量が約970ミリ。
日本は、他の国とくらべて雨の多い国ですが、
それでも年間平均雨量は約1,718ミリなのです。

暑いし、雨も多いマナウスですが
人口169万人の大都市です。
市の愛称は"A Paris dos Trópicos"
『熱帯のパリ』っていう意味なんですって。
[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-09 04:22 | アマゾンのおはなし