6月のまつり。フェスタジュニーナ。

としみんです。
いよいよ、今週の木曜日からブラジル生活がスタートします。

さて、今日は浜松市内の『市総合産業展示館』でおこなわれた
ブラジルのおまつり「フェスタジュニーナ」に行ってきましたよ。

フェスタジュニーナは、6月のおまつりです。
元々は「収穫」や「豊作」を祝ったことからはじまりました。
ブラジルは日本と季節が逆だから
6月が秋になるんですね!だからこの時期に収穫祭をおこなうのです。

ブラジルの各地でおこなわれる素朴な田舎のお祭りですが
浜松のフェスタジュニーナはとても元気があります!すごい人でした!

ブラジルの飲み物や食べものの屋台が並び
中央のステージではスピーチや踊りなどがおこなわれていました。
踊りは「クアドリーリャ」と呼ばれるもので
大人も子どもも楽しめるフォークダンスのようなものです。
ちびっこたちが田舎娘と農夫の格好で踊っていました。みんな上手!

中学生・高校生の踊りも本格的で
会場から大きな声援と拍手が贈られていました。

d0171192_1695282.jpg


会場では洋服や本なども売られていました。
カポイエラ(ブラジルの格闘技+ダンス)の発表や
魚釣りゲームなどなど面白い催しものもいっぱいでした。

浜松では、いろいろなところでブラジルやペルーなど外国のお祭りがあります。
外国のお祭りを日本で暮らしながら身近で楽しめる。
これは全国でも珍しいことなんです。

ちょっとアンテナを張って、
たまにはこんなお祭りを覗いてみるのもいいですね!
なにか、新しい発見があるかもしれません。

動画でレポートも撮ってきました。楽しんでください!


レポートスタート!



ブラジル国歌斉唱!



子どもたちが農夫の格好でダンスをしました。



中学生・高校生も素敵なダンスで会場を盛り上げます。



会場大盛り上がり!


[PR]
by amazontoshimin | 2010-06-27 15:55 | 日系社会のおはなし